警察署で散弾銃が暴発 けが人なし 静岡県藤枝市

14日の昼頃、一斉検査のため警察署に持ち込まれていた散弾銃が暴発しました。けが人はいないとのことです。

詳細 2015年4月14日11時5分頃、静岡県藤枝市緑町の藤枝署の会議室において、70代男性が一斉検査のために持ち込んだ散弾銃が暴発しました。署によると、男性がガンケースに収納する際に、誤って引き金を引いてしまったとのことです。発射された弾丸は床に着弾し、けが人はないとのことです。男性は弾が装填されていることを忘れていたとのことで、同署は銃刀法違反の可能性もあるとみて調査しています。