谷底にシカの死骸を投棄 男を書類送検 岐阜県

 2015年10月19日、岐阜県の山中にシカの死骸を放置したとして警察は60代の男を書類送検した。男は容疑を認めているという。

 今年7月2日5時30分ごろ、岐阜県養老郡養老町柏尾の柏尾谷にトラックで運んだシカ1頭の死骸約40キロを不法投棄したとして、県警生活環境課と養老署は廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで岐阜地検大垣支部に書類送検した。

 男は容疑を認めており、「シカの処理を頼まれたが処理に手間がかかるから捨てた」「2年前から5~6頭は捨てた」と話している。

谷底には他にも21頭分の頭蓋骨などが見つかっており、県警は他にも死骸を捨てた人物がいる可能性があるとみている。