散弾銃の提出を拒否 男を逮捕 兵庫県

 2016年4月21日、兵庫県警は銃刀法違反の疑いで西宮市に住む建設会社の男を逮捕した。男は兵庫県公安委員会から「人格に問題がある」などの理由で散弾銃の提出を命じられたが拒否したとのこと。

 男は20日20時40分ごろ、公安委員会による銃の提出命令を拒否した疑い。男は提出の理由を説明されていないとして容疑を否認しているという。

 西宮署によると男は2003年10月に射撃用途で散弾銃の所持許可を受けていた。しかし今年4月19日に家庭内トラブルが判明し、警察官に対して激高するなどしたため、銃を所持するのにふさわしくないと判断された。