ライフル銃が暴発 県営団地に着弾 けが人なし 徳島県

 1月21日19時45分ごろ、徳島市国府町の県営団地近くで60代の男が所持するライフル銃が暴発し、団地の窓ガラスに穴を空けるなどした。団地に住んでいる女性にけがはなかった。

 21日19時50分ごろ、県営団地に住む60代の女性から「パスンという音がして窓ガラスに穴が開いている」と通報があった。徳島西署によると、窓には窓には約 10cm と 1cm ほどの穴があり、窓に面した寝室にあるベッドの掛け布団から弾丸が見つかった。また、エアコン用のダクト内からも弾丸の破片が見つかった。女性は居間で食事中でけがはなかった。

 県警は発砲事件とみて周辺の所持者を調査していたところ、22日になって近くに住む60代の男による誤射と判明した。男は狩猟と有害鳥獣駆除を目的にライフル銃を所持しており、「自宅で実包を込めて操作していたら、暴発してしまった」と話している。県警は銃刀法違反の疑いで男に詳しい事情を聴いている。