シカ猟中に誤射 森林事務所職員の男性が死亡 北海道

2018年11月21日

20日の13時50分ごろ、北海道恵庭市盤尻の山林で、林野庁北海道森林管理局恵庭森林事務所職員の男性がシカ猟をしていた男に腹部を撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認されました。

死亡した男性は同僚の職員とともに誤射を林道の倒木を片付ける作業をしていたとのことです。

「男は職員が身に着けていた白いタオルが鹿のお尻に見えた」という趣旨の供述をしているとのことです。

警察は男を業務上過失致死の疑いで逮捕し、的を十分に確認していなかったものとみて当時の状況を詳しく調べています。