カモ猟中に誤射 仲間の男性が怪我 茨城県

2018年12月17日

16日9時半ごろ、茨城県笠間市福原の山林で、カモ猟をしていた70歳の男性の右太ももに仲間の男が撃った散弾銃の弾があたり、全治1習慣の怪我をしました。

7時ごろから男性は5人のグループでカモ猟をしており、事故の際には2人は 50 m ほど離れていたとのことです。笠間署は散弾銃を撃った男が周囲を確認せずに銃を撃った可能性が高いと見て調査をしています。